あなたのこだわりをカタチにするために、各専門スタッフが強力にサポート! こだわり不動産って?
こだわり不動産.comがこだわりの中古物件をお勧めする本当の理由をご説明しています。 こだわりストーリー
こだわりチェックリストをチェックして送信いただければ、こだわりをカタチにできる中古物件をご提案します。(無料) こだわり中古物件を探す
業界専用サイトを使って、デザインのプロのアドバイスを受けながら、中古物件を探すことができます。(無料) ご来店予約
お探しの物件の耐震性能や、住居環境などをお調べします。 インスペクション依頼・問合せ
住まいやお部屋の リフォームを承ります。 リフォーム依頼・問合せ

物件売却相談

イベント&物件情報を受け取る

第31回

「耐震構造」で造る。耐震補強を行なう

  • 木造の場合は、金物により、柱・梁・基礎をしっかり固める、耐震壁や筋交いをバランスよく入れますコンクリート造では、コンクリートの強度を上げる、鉄筋量を増やす、耐震壁をバランスよく入れるなどをし[
第30回

耐震構造のいろいろ

  • 新潟中越地震や東日本大地震などからも大規模地震の頻発が予想され、いつ地震が発生してもおかしくない切迫した状況にあるにもかかわらず、住宅および特定建築物(一定規模以上の多数利用の建築物※)の耐[
第29回

阪神大震災以降変わった品質基準

  • 2000年には品確法(住宅の品質確保の促進に関する法律)ができ、最低基準である建築基準法だけでなく、グレードの高い性能の基準を設けた性能表示制度もスタートしました。そこでは、構造においては耐[
第28回

阪神大震災以降変わった耐震基準(木造)

  • 木造建物については平成12年(2000年)に大幅な改訂が行われています。耐震基準の改正の歴史では、筋交いなどの入った壁(耐震壁)の必要長さの規定が改正毎に大きくなり、この基準をみたせば基本的[
第27回

阪神大震災以降変わった耐震基準(RC・S造)

  • 阪神大震災では、RC造のピロティ部分(マンションの1階の駐車場など、上階は壁が多いのに1階の壁が少なく柱が樹立している部分)の崩壊が多くの建物で生じた。新耐震設計だからといってピロティ部分の[
第26回

耐震設計の歴史

  • 日本の耐震設計は、大規模地震の被害の対策として変遷し、強化されてきました。特に1981年(昭和56年)に改正されたものを新耐震(新耐震基準/新耐震設計)と呼ばれるもので、現在、不動産取引の際[
第25回

コンクリートにも品質レベルがある

  • コンクリートにも品質レベルがある一般にはコンクリートは強度の違いはあるものの優劣には差がないと思われています。
    しかし、日本建築学会の建築工事標準仕様書(JASS5)には、コンクリートを次表のように4種類の級[
第24回

コンクリート強度の調べ方

  • コンクリートの強度ってどのように調べているのか知っていますか。実は、ミキサー車から強度試験用の筒の中にコンクリートを入れて工場に持ち帰り固まりましたら中身のコンクリートを水の中で28日養生し[
第23回

養生期間が長いとコンクリート強度は上がる

  • コンクリートは打設後の養生が非常に大切です。図のように型枠を外す期間が長ければ長いほど強度が高まるという実験結果があります。現場で型枠を外していたのでコンクリートをさわったらホカホカと暖かっ[
第22回

硬いコンクリートは100年コンクリートには絶対条件

  • また、流動化剤を入れるとコストアップになるというのならスランプ15cm位のものを丁寧に振動機(バイブレーター)で突き固めて、スラブはタッピングと行って柔らかい内に叩いて中の空気や水を追い出す[
第21回

コンクリートの品質を高めるには

  • コンクリートの品質は(1)ひび割れが起きにくい(2)劣化がし難い、この2点につきます。
    品質を高めるには、①水セメント比を低くして②打設をしっかりと行い③養生期間を十分に取るこ[
第20回

骨材にも注意が必要

  • 骨材に使用している砂や砂利にも十分な注意が必要です。
     まず砂について説明します。コンクリートにとって理想的な砂は、川砂です。しかし、大きな川が少ない近畿よりも西では、その入手[

トップへ戻る

Topics

トピック一覧へ

建築知識

建築のトリビア