あなたのこだわりをカタチにするために、各専門スタッフが強力にサポート! こだわり不動産って?
こだわり不動産.comがこだわりの中古物件をお勧めする本当の理由をご説明しています。 こだわりストーリー
こだわりチェックリストをチェックして送信いただければ、こだわりをカタチにできる中古物件をご提案します。(無料) こだわり中古物件を探す
業界専用サイトを使って、デザインのプロのアドバイスを受けながら、中古物件を探すことができます。(無料) ご来店予約
お探しの物件の耐震性能や、住居環境などをお調べします。 インスペクション依頼・問合せ
住まいやお部屋の リフォームを承ります。 リフォーム依頼・問合せ

物件売却相談

イベント&物件情報を受け取る

建築のトリビア

  • 第17回
  • 赤身
  • 建築用語の「赤身」、なんだかお分かりですか?日曜大工が好きな人なら聞いたことがあるのでは?
    実は、これは木材の呼称なんです。マグロではありませんよ。

    一般に丸太(原木)は外側が白く、中心が赤い色をしています。
    「赤身」は「心材」とも呼ばれ、樹心近くの赤みを帯びた部分から製材された木材のことで、
    「白太(しらた)」と呼ばれる外側[
  • 第16回
  • ちり&つら
  • 大工さんが「ちりを○○mmとって納めといて~」と指示をしていたりしますよね。
    ここでいう“ちり”は、もちろん細かく飛び散るゴミやほこりの“塵”でもなければ、
    地球上の山川・海陸・気候・人口・集落・産業・交通などの状態を指す“地理”でもありません。
    建築の現場で言う“ちり”は、“散り”と書き、二つの平面間の段差(ずれ)のことを言います。
    ただし[
  • 第15回
  • さる?!
  • 建具の錠、たとえば板戸などの戸締りの木製ロックシステムのことを「猿」と呼びます。
    下に下げるものを「下げ猿」とか「落とし猿」といい、戸を閉めると自然に下方向にストンと落ちるようなものがあります。
    上に上げるものを「上げ猿」左右方向の木は「横猿」と呼びます。
    昔の戸袋に収まった雨戸はみなこのような方式でした。

    その由来は 猿が手[
  • 第14回
  • こんぱね
  • コンパ、ね!!(行く行く~!!)
    ではありません(笑)
    建築の世界では、「コンパネ」のこと。
    「コンクリートパネル」を略してこう呼んでいます。型枠用合板とも言います。

    JASでは、一種(打ちっぱなしコンクリート用)と、二種(一種以外のもの)に分類され、一般的には厚さ12×900×1800㎜(サブロク)、600×1800㎜(ニロ[
  • 第13回
  • トンボ
  • 今回は生き物に関する建築用語です。トンボって・・・目の前に指で回すと目を回すトンボ?それとも、グランドを整備するために使う道具?

    いいえ、違います。これもれっきとした建築用語であるんです。「トンボ」というのは、防水層の立ち上がりに取り付けて使う針金付の小さな金属片のことです。
    屋根や手摺など、立ち上がりの防水層を保護するために防水モルタルを塗りつける下地[
  • 第12回
  • ふかすって?
  • リフォームをするときに、「壁をふかして・・・」や「・~するために、ここをふかして・・・」なんていう説明を設計担当やインテリアコーディネーターから聞いたことはありませんか?
     
    このふかすとは、夜更かしの“更かす”でもなければ、たばこを“吹かす”の意味でもなく、ご飯を“蒸かす”の意味でも、ありません!

    建築で言う“ふかす”とは、
  • 第11回
  • なまこ壁
  • なまこ壁とは、外壁の一つの様式のことです。
    土蔵の腰に好んで使われますが、その始まりは江戸時代初期、武家屋敷の長屋や長屋門の壁で大名屋敷や城壁、民家にも見られます。
    平たい瓦を竹釘で打ちつけ、瓦と瓦の間の目地を漆喰でかまぼこ型に盛り上げて塗りますがその漆喰部分がなまこに似ているためこの名が付きました。
    建物を風雨から守るための工法で、風の強い海辺の地域にも[
  • 第10回
  • 鳥の子♪
  • 和室の内装でよく使われるのが、
    鳥の子紙(とりのこがみ)。
    これは、和紙の種類の1つで、雁皮(がんぴ)を主原料とした上質な和紙のことです。
    福井県・兵庫県産のものが有名で、越前鳥の子・播磨紙(はりまがみ)ともいわれます。『越前奉書紙』と共に越前和紙の代表的な紙として広く知られている紙で、平安時代には斐紙(ひし)と呼ばれていました。
    しかし紙の[
  • 第9回
  • ねこ? にゃ~?
  • 建築現場で「お~い、ネコ持って来い!」なんて声が聞こえることがあるかもしれません。もちろん、かわいい猫のことではありませんよ。
    ここでいうネコは、コンクリート や砂利などを運ぶために使用される一輪車のことで、通称ネコ車、略して「ネコ」と呼んでいます。
    最近では狭いところでもスイスイ通れることから、ガーデニングをする人もよく使っているようですね。
    さて、なぜ[
  • 第8回
  • 建築現場には美味しいおやつがいっぱい?!
  • キャラメル
    鉄筋コンクリートで鉄筋の型枠との間隔を確保するためのスペーサーのことをいます。5㎝前後の立方体に近いコンクリートで作ったもので、サイコロとも呼ばれます。現場で「キャラメルを1個くれ!」といわれ、ある職人が食べるキャラメルを出し大笑い。

    あんこ
    左官仕上げで上塗り面にはみ出した下塗り材のことで「あんこが出てる!」って親方から怒られ[
  • 第7回
  • 「建前」??
  • 本音と建前などとよくいいます。
    いわゆる「建前」とは、表向きの基本方針や世間体を踏まえた考え方や言動の事ですが、
    建築の世界でいう建前とは木造建築での柱を立てて棟上までの工程をいいます。
    建前にまつわるお話をここで一席。
    昔、高名な棟梁がおりました。建前まで終了した夜、玄関の柱が短いことに気がつきました。とても誇り高い人物であったので、自殺す[
  • 第6回
  • “勝ち負け”って?
  • 建築では部材同士の接合部の位置関係を指す言葉です。
    たとえば木造の柱と土台の関係では、木造の柱が基礎コンクリートまで伸びたものを「柱勝ち」、土台の上に柱が載っているものを「土台勝ち」といいます。
    RC造の梁では、鉄筋の重ね継手で上筋となるものが「勝つ」側となります。
    また建具では、壁との見切りにドア枠と言われる部材をつけます。右図のドア枠の納まりは「縦勝ち[

トップへ戻る

Topics

トピック一覧へ

建築知識

建築のトリビア